このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

国民健康保険の給付・負担割合について

国民健康保険の給付・負担割合について

2017年3月30日

国民健康保険で受けられる給付は次のとおりです。

こんな時 給付の額(一般) 用意するもの
療養の給付
病気、ケガ、歯の治療 かかった医療費の7割(3割自己負担) 医療機関に保険証を提出
療養費
やむを得ない理由で保険証を使わず診療を受けた時 書類を添えて、申請書とともに窓口へ提出してください。 審査のうえ、保険診療分の7割について払い戻しをします。 支払った費用の領収書、診療報酬明細書、口座番号のわかるもの、印鑑
○あんま・マッサージ・ハリ・灸などの施術を受けた時
○コルセットなどの補装具、輸血のための生血代
医師の同意書、支払った費用の領収書、口座番号のわかるもの、印鑑
出産育児療養費
子供が産まれた時 出産育児一時金が支給されます 保険証、印鑑、口座番号のわかるもの
葬祭費
加入者が死亡した時 葬祭費が支給されます 保険証、印鑑、口座番号のわかるもの
移送費
医師の指示により他の医療機関に移送された費用で、保険者が必要と認めた時 葬祭費が支給されます 医師の同意書、支払った費用の領収書、口座番号のわかるもの、印鑑

※負担割合は70歳以上で誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割、誕生日が昭和19年4月2日以降の方は2割となります。
就学前児童は2割となります。

医療費の負担

国民健康保険の加入者は、病院・診療所の窓口に保険証を提示すれば、一部負担金を支払うだけで診療が受けられます。

医療費の被保険者自己負担額(一部負担金)

区分 負担額
一般被保険者 3割
退職被保険者 本人 3割
被扶養者 3割
就学前児童 2割
70歳以上の方 1割 昭和19年4月1日以前に生まれている方
2割 昭和19年4月2日以降に生まれている方
※現役並み所得者は3割

入院時の食事代

入院したときの食事代は、他の診療などにかかる費用などとは別に定額自己負担となります。
国保が費用の一部を負担しますので、下記の標準負担額を支払うだけですみます。

入院時食事療養費の標準負担額(1食あたり)

区分 負担額
一般(下記以外の人) 360円
住民税非課税世帯低所得2
注1
90日までの入院 210円
過去12ヶ月の入院が90日を越えるとき 160円
住民税非課税世帯で、低所得1に該当する人(70歳以上の方のみ)
注2
100円
現役並所得者で一般に該当する人(70歳以上の方のみ) 260円

注1 同一世帯の世帯主および国保の被保険者が住民税非課税の人。

注2 同一世帯の世帯主および国保の被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差引したときに0円となる人。

  • 住民税非課税世帯等の人は「標準負担額減額認定証の申請が必要となります。
  • 入院時の食事代は高額療養費の支給対象にはなりません。
アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved