このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

川上村村有林

川上村村有林

2017年4月3日

 川上村村有林は、明治34年(1901年)に高原(たかはら)区有林に対し立木一代限りの地上権を設定したことから始まっています。その後、同地の購入を始めとして、上谷(こうだに)・神之谷(こうのたに)大滝・西河(にしがわ)・東川(うのがわ)・井光(いかり)地区の森林を購入し、管理を行ってきました。

 平成7年(1995年)には、樹齢280年~380年のスギ10本、ヒノキ52本がある下多古(しもたこ)地内の森林を購入しました。同地の樹木は、日本最古の人工林として、今に伝える「歴史の証人」です。今から380年前といえば日本では江戸時代の初め。1624年には日光東照宮陽明門が完成し、1644年には中国で新王朝が興った時代です。それらの時代から、下多古の森林は私たちを見守ってきたのです。

 その森林を守り、吉野林業の文化的遺産として「自然環境を活用し、自然と人との間に立ち、自然のコトバを人の言葉に『通訳』する」役割を果たす場所としてこれかも活かしています。 現在、川上村の村有林は8地区約357haの森林を管理し、村では当初から『村営林野事業特別会計』として、健全な財政運営を行っています。

概要

所在地
吉野郡川上村大字下多古568番地の4
(国道169号より村道下多古線を1.8km入り、山道を約30分登った所に位置する)
面積
3735.73平方メートル
樹種
杉/約380年(3本)・約280年(7本)樹齢は1994年時点
檜/約280年(52本)
アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved