平成27年9月1日に思う

「源流の危機は国土の危機」「流域はひとつ、運命共同体」
こんな思いを胸に来る9月5日、6日第6回全国源流サミットが長野県根羽村で開催されます。本村からは議会議員をはじめ、昨年本村で開催した同サミットでその存在感を示したコーラスグループ・華音(かのん)のメンバーも参加します。
旧交を温めるとともに源流域がおかれた厳しい実態などを共有できればと思っています。
川上村も加盟する全国源流の郷協議会は昨年5月に発表した「源流白書」の提言に基づく「源流基本法(仮称)」の制定をめざしています。 今や国民の多くが共通認識していると思われる「国土の保全や水資源の重要性」。それを守っている源流の保全を法制化しようとすることの難しさに直面しています。ここは協議会の正念場として覚悟して進みたいと思います。

 

「源流白書」もぜひご覧ください。
http://genryunosato.net/wp-content/uploads/2015/04/源流白書.pdf