平成27年11月1日に思う

昨年、天皇皇后両陛下をお迎えして開催された『第34回全国豊かな海づくり大会~やまと~』は、山村の小さな村に改めて大きな大きな役割と責任をいただいたものと感じております。
この大会を記念して天皇陛下が詠まれた

『若きあまごと 卵もつあゆを 放ちけり 山間(やまあひ)深き 青き湖辺(うみべ)に』

御製を何度も読み返して「若きあまご」は若者定住を、そして、「山間深き」は吉野の山々を、「青き湖辺に」はおおたき龍神湖を、それぞれ健全な発展とその利用を期待していただいたものと読み解きました。
本村で策定中の地方総合戦略に組み込んでいきたいと思います。

あの感動と緊張から1年、この11月16日が川上村民の感謝と決意をあらわす記念日にしていくことを誓います。