このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2019年1月3日

ごあいさつ

村長写真
平成28年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や“国民的課題”、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

平成31年3月1日に思う

 2月最後の日曜日、心地よい時間を過ごしました。

 森と水の源流館(宮の平)で開かれた松谷文美先生(東吉野村在住)の「冬の森コンサート」に参加してのことです。同先生は、川上村のコーラスグループ「華音」の指導をしていただくなど本村にご縁が深く、その歌声は超満員となった同館のシアタールームをあたたかく包みこみ、優しくも力強さを感じさせる納得のものでした。私にはそれが水源地の森の“声”あるいは“メッセージ”であるように聞こえました。
 会場には、本村の「華音」の皆さんはもちろん、日ごろより馴染みのある東吉野村のコーラスグループ「オリーブ&ポパイ」の皆さんも駆けつけるなど、先生の魅力による「人のつながり」もひしひしと伝わってきました。またトークでも、やわらかな口調ながら、「未知へのチャレンジ」の大切さを嚙みしめるように語ってくれました。
 森と水の源流館は17年前、水源地の村の象徴として、水源地の森へいざなう役割を担う目的で誕生しました。昨今、同館の尾上局長は、「源流からの発信」に力を入れて取り組んでいます。下流への出張源流教室を展開するなど、松谷先生にもお手伝いをいただきながら、源流の価値を“語り”と“歌声”で次代を担う子どもたちに届けています。開館当初は、源流館でのこのようなコンサートを予想した方がいたでしょうか。これはまさに、新たな価値を求める「未知へのチャレンジ」です。

 これからも進化しつづける森と水の源流館へ、引きつづきご声援をよろしくお願いします。

 

()

バックナンバー

平成31年

平成30年

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved