このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2021年9月1日

※村長への年末年始のご挨拶について【辞退のお知らせ】

ごあいさつ

栗山村長
令和2年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や¨国民的課題¨、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

令和3年9月1日に思う

 やはり大気は不安定です。このお盆も前線が停滞して九州や各地で大雨による甚大な被害が発生しました。
本格的な台風シーズンを前に、気が重いです。この夏、57年ぶりに自国開催となった
オリンピックとパラリンピック。コロナ禍でもあり、多くの国民がテレビの前に釘付け となったことでしょう。そうした中、相変わらず根強い人気があるのがNHK朝の連続テレビ小説であります。
現在放送中の「おかえりモネ」は、宮城県の海と山での経験の中で気象に出会い、
気象予報士となったモネを通じて山に降った雨が川となって海に注がれ、太陽の光で
雲になり、また雨となって注ぐという「水の循環」を描こうとされているようです。
気仙沼の牡蠣養殖業者が登場します。ここで思い出したのは平成元年当時の¨森は海の恋人¨という言葉と 「漁師が山に木を植えた」という畠山重篤(しげあつ)さんの活動です。
そのころの川上村では、大滝ダム建設事業の真只中にあり、役場の中では「ダム後の村づくり」に動き出し、湖底サミットやそまびと選手権大会を開催し、ホテル杉の湯を建設するなど観光と吉野川紀の川の最上流であることを生かした村づくりを進めようとしている時でした。
30年以上前から、川を通した水の循環を守ろうと、川上村は山から、気仙沼は海から取組みの声を上げていった歴史をあらためて感じています。あの本村を襲った紀伊半島大水害からちょうど10年。         循環社会を意識しながら、空が気になります。
引きつづきコロナウイルスに注意しながら、大雨に細心の心得が必要です。
 

 

バックナンバー

令和3年

令和2年

令和元年(平成31年)

平成30年

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved