このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2019年1月3日

ごあいさつ

村長写真
平成28年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や“国民的課題”、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

令和元年11月1日に思う

 もはや常態化したとも言える昨今の自然災害。この課題を何度本コラムで取り上げたことでしょう。先日の台風19号は、台風シーズンが遠ざかった10月に、しかもこれまであまり台風による自然災害に縁がなかった東日本において、未曾有の被害をもたらしました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災地の皆さんへのお見舞いと1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 そんな折、あるジャーナリストの言葉が心に響きました。それは、私たちが長年にわたり訴え続けている「源流の危機は国土の危機」に通ずる話でした。その内容とは、地球温暖化はもちろんのこと、食糧や燃料を供給して国を支えてきた山村や農村が、過疎化や時代の流れに飲み込まれ著しく疲弊し、活力が削がれていった末、守り続けてきた森林や農地が荒廃したことが、昨今の自然災害の要因の一つではないか、と指摘したものです。このことは、まさに我々が危惧してきたことです。ここでふと思い出すのが、スウェーデンの16才の高校生で、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんの言葉です。さきの国連での演説で「大人たちは〝地球の絶滅のはじまり〟になっているのに、経済成長の議論ばかりしている。許せない!!」と。あの衝撃発表と鋭い眼差しは胸に刺さるものがありました。

 大人、特に源流に住む私たちには、「自然との共生」のあり方と、暮らしの豊かさや潤いを求めることに、さらなる知恵と行動が必要であると再認識しました。未来の子どもたちのためにも、「水源地の村づくり」に全力で取り組んでいきます。

バックナンバー

令和元年(平成31年)

平成30年

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved