このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2018年1月1日

ごあいさつ

村長写真
平成28年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や“国民的課題”、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

平成30年7月1日に思う

 このほど、平成25年から5年間をかけて編(さん)してきた「大滝ダム誌」が完成しました。

 ダム建設に要した53年もの年月を思うと、非常に感慨深いものがあります。ダム建設の“苦難の連続と重い決断”の歴史をつづった本誌は、単なる記録でも、過去の事象に批判や批評を加えるものでもなく、大きな犠牲を払って造られた大滝ダムの持つ役割と、村の存在意義を伝えることを目的に編(さん)されたものです。

 執筆にあたっては、ダム事業を熟知し中心的な役割を担った人がほとんど他界されている中、困難を極める作業となりました。当時の会議録や公文書等々をもとに「どのような歩みであったか」また「どのように判断や決断に至ったのか」を記し、経緯と事実を積み重ねて慎重に正確に編(さん)を進めていきました。
 物事は、歴史と経緯をしっかり踏まえてこそ、未来へつなげることが出来、新たな進歩があるものと私は考えています。ダムの歴史は人、ひいては川上村そのものの歴史であり、川上村の人たちが「協力して良かったと本当に思えること」が肝心です。本誌の発刊ですべてが完了したわけではなく、この先大滝ダムをどのように利活用していくかが重要であり、我々が水源地の村として“ダムとともに誇りをもって生きる”覚悟を持つことが大事であると認識しています。

 この「大滝ダム誌」を今後の村づくりに役立て、ダムの歴史が紡ぐつながりを大切にして、引き続き水源地の村づくりを推進していきます。

バックナンバー

平成30年

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved