このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2017年6月1日

ごあいさつ

村長写真
平成28年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や“国民的課題”、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

平成29年6月1日に思う

 大きな夢と希望をもった次代の社会や地域を担う若者たちが、水源地の村づくりを体感しました。 
 4月14日、「奈良にふれよう」をテーマに、今年度奈良県に採用された新人職員の研修が、また4月18日、20日の両日には、「水源地の村づくりを知り未来を考える」をテーマに、奈良県を代表する企業の一つである南都銀行の新人行員の研修が本村にて行われました。それぞれ新人研修の一環として実施されたものですが、その大事なプログラムに「水源地の村」を選んでいただいたことに深く感謝しています。研修では、水源地の村が果たす役割とその取り組みを学んだあと、樹齢100年を超える吉野杉の伐採見学を通じて吉野林業の歴史を肌で感じてもらいました。まさに「水源地の村のことを知って、学んでほしい人たち」に、深緑の川上村を存分に体感していただけたと思います。
 また、4月13日に行われた「最近の金融経済情勢について」の講演では、日本銀行大阪支店の宮下副支店長が、本村の生産と消費の現状のデータをもとに、「人口減少と高齢化にある村で、小売業販売額がやや右肩上がりである要因は、活発な交流人口にあるのではないか」と分析されていました。まさにその講演のとおり、このゴールデンウィークには、匠の聚、中井渓谷や白川渡オートキャンプ場などの各施設が多くの来訪者でにぎわいました。
 水源地の村づくりとともに、人が“行き交う”ことにも引きつづきこだわっていく思いです。

 

バックナンバー

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved