このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2018年1月1日

ごあいさつ

村長写真
平成28年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や“国民的課題”、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

平成30年11月1日に思う

 「水源地の村づくりが的外れな施策とは考えていません。しかし、さらに努力と工夫を重ね、東京への一極集中の流れに逆らいながら、この地で生きぬく覚悟です」と締めくくりました。

 このほど安倍首相の()問機関である第32次地方制度調査会が開催され、所管する総務省からお声かけをいただき、このようなお話しをする貴重な機会をいただきました。
 今、国や有識者の間では、2040年ごろの人口予測に危機感をつのらせ、今後の自治体のあり方について、議論をはじめているところです。
 その内容は、今の自治体のあり方を根本的に見直し、一定の「圏域」(中心都市と近隣自治体による広域的な行政主体)で行政サービスを実施するものです。私は、これらの動きに強い危機感を抱いており、今回はいい機会に意見を求められたと考えています。

 もちろん、2040年ごろの人口予測を見ても“現状を維持”することは難しいかもしれません。しかし圏域単位を強調するあまり、小規模の自治体は中心都市に埋没してしまうのではないか、教育など自治体の独自性が失われるのではないかという懸念もあります。また、今すべての市町村が地域の存続をかけて地方創生に必死で取り組んでいることや、荒井知事が提唱された「奈良モデル」が順調に実践されていること、さらには半世紀もの長きにわたるダム事業に翻弄(ほんろう)された末、一大決心で村の生き方を「水源地の村づくり」とした覚悟を考えると、そうやすやすと「ハイ」と言うことは出来ません。

 今回の調査会で、国には“水源地の村の決意や覚悟”は届いたと確信しています。しかしこれに満足することなく、今後もより一層気を引きしめて水源地の村づくりに取り組んでいきます。

バックナンバー

平成30年

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved