このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

村長のあいさつ

村長のあいさつ

2019年1月3日

ごあいさつ

村長写真
平成28年7月25日就任
川上村長栗山忠昭

奈良県・川上村のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
川上村はその名前のように、吉野川※の最上流にあります。
(※正式には一級河川「紀の川」ですが奈良県では郷土への愛着の思いを持って吉野川と呼んでいます。)
吉野川の豊かな水は、源流部の山々にたくさんの雨が降って、ゆっくりと時間を掛けて流れ出すことによって保たれています。
川上村は吉野川の源流として自らその役割を果たして行こうと覚悟し、その想いを平成8年に「川上宣言」として発信しました。
その宣言文の一つ一つを具現化していく村づくりに取組んでいます。
近年、日本のあちこちで森林の崩壊が起こっています。今日の異常気象にともなう“ゲリラ豪雨”が大きく起因していると思われるものの、それだけのことでしょうか。私は人々の暮らしが山村から遠ざかり、人の心や気持ちが源流や森林から離れつつあることも、その要因の一つと考えています。
まさかの事態は、山村地域だけの問題でなく、言うまでもなく下流域の生活を奪い、都市機能をマヒさせる恐れがあります。源流を守り、国土を保全することは今や“国民的課題”、まさに「源流の危機は、国土の危機」であり、私たちはこのことを「源流白書」(全国源流の郷協議会)で強く訴えています。
川上村は引きつづき、緑(人工林、原生林)の水がめとコンクリート(大滝ダム、大迫ダム)の水がめを大切にしていきます。そして「都市にはない豊かな暮らしを築く」ことをめざします。
小さな村の取り組みに、大いに関心をもってもらい、手を携えていただけたら幸いです。

令和元年7月1日に思う

 3,459。これは何の数字でしょう。

 今年もすでに空模様が気になる季節になっています。5月には鹿児島県屋久島で、大雨による土砂くずれにより一時300人以上の登山者が孤立するという被害が発生しました。昨年も当コラムで記述したように“異常気象”はもはや“日常の出来ごと”であると認識し、日ごろより防災・減災の意識を高め、そのためにも準備を心がけることが賢明でしょう。

 ここで冒頭の数字です。これは、先月東京で行われた「土砂災害の特徴と砂防」と題する講演会で紹介された、昨年1年間の土砂災害発生件数です。集計を開始した昭和57年以降、最多件数を記録したとのことです。ちなみに年間平均発生件数は1,015件で、例年の約3.4倍にのぼっています。
 さらにこの講演会では、こうした中で積極的な避難行動により「命を守った」とする事例も紹介されました。東広島市黒瀬町洋国(ようこく)団地では、土石流が発生し、集落内の20%の家屋が全半壊、40%の家屋が床下浸水となりながらも、人的被害はゼロでありました。普段から防災マップの確認や避難訓練を実施し、となり近所への「声かけ」の習慣が身に付いており、それらがすばやい避難行動に結びついたようです。

 この事例からも、住民一人ひとりの「自主防災」の意識がいかに重要かということがうかがえます。伊勢湾台風襲来から60年となる今年、私たちは今一度自然の恐ろしさを認識し、日ごろから“いざ”という時の準備を行うべきではないでしょうか。
 もちろんこの時期、熱中症にもご用心を…

 

()

バックナンバー

令和元年

平成30年

平成29年

平成28年

アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved