このページの本文へ移動
奈良県川上村
メニュー
検索
アクセシビリティ

井光神社(いかりじんじゃ)

井光神社(いかりじんじゃ)

2017年12月18日

井光神社

古事記に登場する国つ神「井氷鹿(イヒカ)」をお祀りする神社

古事記より・・・

尾のある人、井より出て来たりき。その井に光ありき。
ここに「汝は誰ぞ」と問ひたまへば、
「あは国つ神、名は井氷鹿(いひか)と謂ふ」と答へ曰しき。
こは吉野首(よしののおびと)等の祖なり。

 

熊野から八咫烏に導かれて吉野川の下流に出てきた神武は、そこで筌(ウケ)を作って魚を採る人(贄持之子 ニエモツの子)と出会った。そこから進むと尾の生えた人が光る井戸から出てきた(井氷鹿 イヒカ)。そして山に入ると、また尾の生えた人が岩を押し分けて出てきた(石押分之子 イシオシワクの子)神武はこの後、宇陀に入る。       

井氷鹿(いひか)は、神武天皇を案内して、土地神谷(とちかみだに)を過ぎて休石(やすみいし)に腰をかけた後、御船山(みふねやま)の尾根にある拝殿で波々迦(ははか)の木を燃やし鹿の骨をもって卦(け)を立てて占い、御船の滝巖上に宮柱を立て天乃羽羽矢( ははや-天から授かった矢)を納め、進軍の勝利を祈願したといわれています。

 

基本情報

施設名   井光神社  
所在地   〒639-3623 吉野郡川上村井光34  
TEL/FAX 0747-52-2079  
お問い合わせ  
URL  
営業時間  
休日  
入館料  

 

お問い合わせ

地域振興課
電話:0746-52-0111
アクセス
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ
川上村役場 〒639-3594 奈良県吉野郡川上村大字迫1335番地の7
Tel:0746-52-0111(代) Fax:0746-52-0345 Mail:soumu@vill.nara-kawakami.lg.jp
Copyright © 2017 kawakamimura All rights reserved